エイルカリバーの音を復活する

しゅいんっひゅんひゅん!!


はい。

今回は、効果音を復活させる作業です。
音楽移植と何が違うのか?と問われると大して変わりません。とはいえ変わらないなりに得られる知識もあるでしょう。

トラックをエクスポート

まずはトラックをエクスポートしましょう。
封印の剣をSappyで開きエクスポートします。「264」と「265」がエイルカリバーの音です。

37ca69189cef91da941bf4553a5d333e
わかりやすく、「264」とつけましょう。…今回の場合なら「$T」は付けないほうが分かりやすいんですが、融通が効かないらしく付けないと出力してくれませんので、仕方がないのでつけましょう。
同じく「265」も出力して下さい。

その楽器は何番目?

ではまずエイルカリバーで使っている楽器の特定からはじめましょう。
やり方は簡単です。鳴らせばいいだけです。

96be1d7ccb589201bbfd2a2c4fda3bc9

項目の詳細を見れるようにして、音を鳴らして下さい。
一番左の赤字の部分が、今使っている楽器の番号です。「21」ですね。つまりこの音は「21」番です。(10進数です)

・次は265の方です
2b8a2a0fb1b269543720319330bb2b3d
こいつは「24」です。つまり、21と24の楽器の移植が必要ということですね。

では、欲しい楽器の番号が分かったので、左の方から選んで、Sampleのエクスポートをしましょう
90ee519d887cbf2c0cd2dd59cf85e96d

不要なものも一緒に出力されますので、お目当ての「21.s」「24.s」以外は削除して構いません

エクスポートしたら次は聖魔をSappyで開き、空き領域にインポートしましょう。
今回は264を「0xE50000」と265を「0xE55000」に挿入しました。

その音の所属すべきVoice

では次に先ほどインポートした楽器を正しいVoiceに配置します。やや予測が入ってしまう工程です。
削除された楽器の正しい箇所なんて実際問題不明なのですが、予測することは可能です。封印と聖魔のVoiceグループ具合を見比べましょう。

[封印]
264 エイル1 0x398570
265 エイル2 0x398570
266 ミィル(多分) 0x398570

[聖魔]
264 無し 0x0
265 無し 0x0
266 ミィル(多分) 0x202214

となっていました。
この情報から、聖魔のエイルカリバーが所属すべきVoiceは”0x202214″だと予測できます。

では聖魔0x202214のボイスグループをSappyで確認してみましょう。
ec98ef0ca329e5f243158d358ac7d97c
21番目にあたる楽器が「Square Wave 1」つまり機械音(ピコピコ音)指定です。これは実質の無指定ですね。これと、24番目にも、楽器の指定が存在しませんでした。(ちなみに先頭の楽器を00番目と数えます)
本来はこのVoiceグループに存在していたものとみて、ほぼ間違いないでしょう。

・ちなみに封印はこうです
6f5a748ad3b8cd7cda3b8ca70d4cfc05
1600345b744610f0d85e9e15d080f12c
これを参考に、正しく音を配置していきましょう。

・実際の例
55c66269c0943fad7f8b00bf36b5044c
「264」の楽器がこんな感じです。

トラックのインポート

では後はSappyを使ってトラックをインポートするだけです。
さっき似たような事を述べましたが、封印ではエイルカリバーは「264」と「265」で、聖魔でも「264」と「265」です。楽ですね。

cdcbc920ccc9c04c8a6e04ca90b73414
インポートする際に曲グループを「06」「06」にしておくのを忘れずに。(ひょっとしたら7かもしれませんけど。一応、移植元の方の曲グループをチェックして下さい)MIDI移植の時には無視されましたが、今回はちゃんと設定してくれます。

今回は、「264」の方をHeader「FF0000」トラック1オフセット「FF0010」ボイスグループ「202214」で挿入してます。ボイスグループ以外は好きに挿入してください。

・そしてここを書き換えます
0731c83356aa8465b82d325bfa04f714
ここは曲のヘッダー部分です。ですがこの赤字部分の情報は失われていると思います。
どうやって保存したまま移植するのかがよく分かりませんので、とりあえず両者のHeaderを見比べてバイナリエディタで変えましょう。

これで終わりです。鳴らしましょう。

A「風よ起これ さっと吹いてさっと斬れ!」

完璧みたいですね。
なお今回の工程は、めんどくさい事をやってます。ただ音を鳴らすだけなら正しいVoiceとか、かなりどうでもいいです。どうせならパー璧にしたい人がネタとして行う作業です。
エレシュキガルとかも音が無い状態で聖魔に存在しますが、こんな感じで復活出来るはずです。ただし高位の魔法は音が5以上あったりするので、移植するのが大変という致命的な問題があります。

kaze

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。